美容・コスメ

しわ

頭で考える自分と

現実の自分のギャップの大きさがわからないのが

どうやら問題であるらしい私。

仕事をこなすことについても、

よくわかっていないから、

さすがに「ちょっときついかなぁ」

と思うスケジュールでも、

「ここさえ踏ん張れば、とにかく何とかなる」

と、強行突破。

でも、頭で考えるほど、

体は若くない。

金曜の朝、

清掃の仕事で洗面台の鏡拭きをしている時、

鏡に映ったくたびれ果てた私の顔の眼の下に

くっきり皺が入っているのに気がついた。

げげげぇ。

年齢の割に皺が少ないと自負していた私、

いかにも参りました!という感じで皺が入っているのに

大ショック。

まぁ、皺が入っていてもいなくても、

大勢に影響ない顔ではあるけれど、

ん~、やっぱり、うれしくない。

先日、

瞼に少し皺が入り始めたのに気がついた時は、

「なんか、齢(よわい)を重ねてきました」って印象で

いい感じ、など思ったのだが、

いかにも「ダメージくらってます」という目の下の皺は

かなり残念。

メリルのファンサイトにアップされていた写真の中に、

皺がちゃぁんと写っていた横顔がある。

顔の中心から、同心円のように皺が刻まれていて

何だか、波紋のように見えた。

皺は多いけど、

皺くちゃ、という感じでなく、

皺でさえ美しい、

人生重ねてこそのお見事さを感じたのだが、

それにしても、

目の下の皺はいただけない。

クマはさすがになかったけれど、

無理しちゃいかんなぁ、

とすこぶる反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラフープ

娘はフラフープの名手である。

電話しながらでも、

本を読みながらでも

フラフープできてしまう。

いつだったか、フラフープしながら

私と長電話して

40分も回していたことがある。

私も、子どものころは回せた。

しかし、娘に触発されて

取り組んでみても、

10回も回らない日々が続いていた・・

先日、娘が帰宅した際、

「回せるようになった?」と聞くので、

「まぁ、君ほどではないけど」

とクルクル。

「あ、すごいじゃない。

 ずいぶん練習したんだね。」

「というか、やはり、前は、

 お腹周りの脂肪が

 フラフープの運動エネルギーを

 奪っていたんだと思う。」

「え?結局、それ?」

「うん、たぶん。」

そう、フラフープを回す技術もあるが、

腹周りに肉があると、

それがフラフープの回る力を低下させて

すぐに回らなくなる。

それで、頑張って練習しても、

ちっとも回らない。

しかし、贅肉が落ちてくると、

少ない労力で

フラフープの回転が維持されるから

回るようになってくる。

それで、またお腹周りが

少しすっきりする。

すると、フラフープはまたよく回る・・・

悪循環、の反対は、なんて言うんだろう。

好循環?

| | コメント (0) | トラックバック (0)