« 謹賀新年 | トップページ | あってる?あってない? »

新年早々

娘が私に腹を立てていることについて、

「娘もやっと、

 表立って私に対して反発できるようになったのだ」

などと思っていた。

でも、大晦日から今日にかけて、

私なりにいろいろな出来事、気付きがあった。

まず、夫と率直に話をした。

考えてみると、これまでの結婚生活の中で、

母との軋轢について

夫にきちんと話したことはなかった。

大晦日の夜、なぜか、

その話を自然に夫に話せていた。

次に、自分の悪いくせについて、

一つ気付きがあった。

去年の暮、

妹とある問題についてメールを交していたのだが、

ご立腹気味の妹が、

突然別の問題まで出してきて

私を不快にさせた。

夫にその話をしたら、

私も同じだという。

あぁ、そういえば、

自分の中ではつながっている、

というので、

Aという問題についての話をしている時に、

Bという問題も持ち出してしまうようなこと、

確かに、私もする。

私の中では、根が一緒だから、

と思っていたけれど、

確かに、自分がやられてみると、

どうして、ここでいくつもの問題を

ごちゃごちゃにするんだ!

という気にはなる。

やっぱり、妹と私は似ている。

つまり、私と妹は、

母に似ている。

そして、何より、こうした時間は、

娘が与えてくれたのだ、

ということに気がついた。

娘が帰省していたら、

夫とゆっくり話す気にもならなかったし、

妹とあれこれメールすることもなかったに違いない。

この時間は、娘の不在で生まれたものだ。

「私への反発も成長の証」などと思っていた私、

娘の言葉じゃないけれど、

ほんとに「ずいぶん上から目線」だったなぁ、

と思う。

新年早々、自分の至らなさを思い知ることが多い。

|

« 謹賀新年 | トップページ | あってる?あってない? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/50474149

この記事へのトラックバック一覧です: 新年早々:

« 謹賀新年 | トップページ | あってる?あってない? »