« そうだ、玄米を食べよう | トップページ | ノロ »

子機

一昨日、娘が所要があって、

一晩だけ帰宅。

その晩、1階で、

娘と私が話しこんでいたら、

2階でパタンパタン、どってん、と物音が。

酔って足元のふらついた夫が、

こけたのだろうと見に行ったら、

電話の子機の載っている台

(結婚のときに、伯父にもらった鎌倉彫の花瓶置き、だけど)に

体当たりしていた。

もちろん、夫は、自分が何をしたのか、

よく飲みめていなかった。

とりあえず、倒れた台を起こして、

外れて落ちた子機を

元に戻してその晩は

何も気がつかずに終わった。

昨夜、娘を送って行って、

これから帰るぞコールをしたとき、

異変に気がついた。

電話を受けた夫は

雑音のせいで何も聞こえなかった、

という。

私の方からすれば、

夫の声は聞こえていたから、

夫に雑音以外何も聞こえなかったというのが、

夫の耳がよくないので聞こえなかったのか、

子機の調子が悪くて聞こえなかったのか

はっきりしない。

しかし、子機の調子が悪いのは確かだった。

そのことを、半ば忘れて、

今夜、母に電話をしようとしたら、

子機が全然使い物にならない。

何カ月か前にバッテリーを交換したが、

まるでその交換前の時のように、

さっぱり仕事をしてくれない。

バッテリー入れなおすだの、

マニュアルに書いてある方法はみな試したのに、

ちっとも元に戻らない。

夫がぶつかったときの影響なのは明らかだ。

そう思ったら、

なんだか、やたら腹が立ってきた。

今夜も、夫の頭は、もうピンボケ状態になっているのだから、

今話しても、意味がないのはわかっている。

意味がないどころか、

今、そんな話をするのは、

あまり感心するやり方ではないのも、

わかっている。

でも、なんだか、

無性に夫を責めたくなる。

無駄だろうと思いながら、

もう一度バッテリーをはずしながら、

「なんだよぉ。おまえのせいで、子機がこわれたじゃないか。」

と、つい言ってしまう。

なんて自分は子どもじみているんだ、

とあきれながら、

これまで、こんなこと、

思っても口にしなかったのに、

なぜ、今の自分は口にしてしまうのだろう、

と、ちょっと不思議にも思う。

そう思いながらも、

私の気持ちはますますいらいらしてきて、

寝っ転がって

「いやだいやだ」と

手足をばたつかせたくなる。

なんで、自分が、こんな状態になるんだろう。

こんなことする、自分は、我ながら情けない。

けれども、ほんとうは、ひょっとして、

これまでも、そうは思っていたのだけれど、、

表に出してはいけないと

自分で自分を抑圧していたのかもしれない。

それが、少し、自分の感情を出せるようになってきて、

こんな未熟な反応をしているのかもしれない。

なににせよ、

こんなときは、平安の祈り。平安の祈り。平安の祈り。

子機が使えなければ、

親機で電話すればいいんだし。

子機のことは、

また、明日にでも調子を見て、

対応を考えればいいんだし。

他にも、今夜中にしなければならないことはあるのだし。

第一のことは第一に、

と、しなければならないことを

なんとか片付けたら、

いらいらした気持ちは

少しおさまって来た。

それにしても、

突然、顔を出した、私の中の駄々っ子に、

かなり戸惑いを感じてしまった

今日の夜だった。

|

« そうだ、玄米を食べよう | トップページ | ノロ »

アル中」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/50009192

この記事へのトラックバック一覧です: 子機:

« そうだ、玄米を食べよう | トップページ | ノロ »