« ノロ | トップページ | 延期 »

『娘は娘』

アガサ・クリスティー『娘は娘』

「若くして夫と死別したアンは、

持てる愛情のすべてを注いで

一人娘セアラを育ててきた。

だが、再婚問題を機に、

二人の関係に亀裂が。」

という紹介文。

そして探偵ものではない、

アガサ・クリスティーの作品。

母と娘、というテーマは、

娘としても母としても

私にはいつも気になる。

生協のチラシに出ていたこの本を

注文して手に入れたのは、

もう半年以上前。

先日、やっと読み始めたら、

夜更かししてまで読んでしまう

おもしろさ。

小説を読んでいるのに、

映画か舞台でも観ているような気になる描写。

会話が多いからかもしれないけれど、

会話が多い小説すべてが

映画を見ているような気になるわけではないから、

やはり、筆の力、ということになるのだろう。

描かれている人物たちは、

必ずしも賢明とは言えない行動をとるのを、

「大人」の目で描かれている、

というのが一番の感想。

まぁ、賢明な行動をとる人たちを描写した小説では

あんまりおもしろくもないわけだけど。

後半、娘のセアラが、大麻中毒になり、

でも、回復していく、というのが、

さらりと書かれているのだが、

ん~、確かに、この話の狂言回し役の

デーム・ローラのような人が知り合いにいたら、

私も回復できるかも、

という気がしてきた。

アガサ・クリスティーって

人間観察力がすごいなぁ、

と思ったのだけど、

ちょっと待て。

私、映画とかでは見たことあるけど、

クリスティーの作品、

探偵ものも、これまで読んでいなかったっけ。

私って、タイトルばっかり知ってはいるけど、

ちゃんと読んでいる本は

ずいぶん少ない。

いろいろな本について、

タイトルだけ知っているのと、

タイトルも知らないのと、

その本を読んでいないということでは

何ら変わりないわけだ。

そのくせ、

タイトルも知らない人を見ると、

「へぇ、知らないんだ」なんて思ってしまう私。

上っ面ばっかりで

中身がないのが、

私の正体なのかもな。

|

« ノロ | トップページ | 延期 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/50066934

この記事へのトラックバック一覧です: 『娘は娘』:

« ノロ | トップページ | 延期 »