« 『パーマネント野ばら』 | トップページ | 早起きは三文の得? »

『パーマネント野ばら』

西原理恵子の原作。

特に、観たいと思っていたわけではないけれど、

西原理恵子のだから、

と思って観ることにした。

といっても、西原理恵子の本も

ちゃんと頭から全部読んだのは

この世でいちばん大事な「カネ」の話』だけ。

先日のNHKテレビの「心の遺伝子」も見てない。

ただ、珍しく私の推薦図書の

『この世でいちばん大事な「カネ」の話』を読み、

「心の遺伝子」も観た娘が、

「お母さん、もっと西原理恵子の本読んだら。」

などと言うから、

ちょっと気になって観ることにした。

娘曰く

「お母さんいろいろ苦しんでいるみたいだから、

 西原理恵子の本読んだら

 もう少し楽になるんじゃないかと思う」

別に、苦しんでいる自覚はないんだけれどな。

映画は、

『この世でいちばん大事な「カネ」の話』で描かれていた世界が

少し、ほんわかと描かれている感じ。

まぁ、映画なんだから、

ほんわかしないと辛すぎるけど。

解釈のしようでは、

主人公の「なおこ」も

友人の「みっちゃん」も「ともちゃん」もACばっかり。

そして、「なおこ」の恋の苦さ。

その恋の苦さを

周りの人たちも一緒に受け止めているところが

何だか温かい話だった。

あんなに、男の話ばかりしているオバさんたちが、

「なおこ」が海辺でデート中、と聞いた時の反応。

みんなが、「なおこ」を思いやっているのだ、

ということが伝わってくる。

久しぶりに、四草、じゃなかった加藤虎之介が

妙にはまった役で出ていた。

「なおこ」の娘「もも」(すごくかわいい)が

地面に落書きするのはカメラの絵、

だけれど、

それについて説明する台詞があったのかな?

さらっと、説明しちゃったのかな?

それとも、みんな、西原理恵子の話だから、

別れた夫がカメラマン、と承知しているから

説明がなかったのかな。

池脇千鶴が、

ちょっとぽっちゃりに見えたのは気のせい?

ところで、

公衆電話で「なおこ」が「カシマ」に電話して

「どうしてこんなにさびしいの?」というシーン、

この恋の苦さを裏付けるシーンだと後からわかる。

でも、そのシーンを観ていた時、

私は、

それはあなたがACだから、

と思いながら観ていた。

そう思うことが、

私がよろしくないことになるのかしら?

それに、そう言っちゃうと、映画は成り立たないから、

ま、いいか。

西原理恵子が出ていたシーンに気がつかなかったのは

不覚。

回想シーンの「別人のような」夏木マリも、

気になる。

DVDになったら、また観よう。

|

« 『パーマネント野ばら』 | トップページ | 早起きは三文の得? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
07月より金曜21時枠で、
西原理恵子原作の
『崖っぷちのエリー〜この世でいちばん大事な「カネ」の話』が、連続ドラマ化だそうですよ。
西原理恵子の極端な運命を読み解いたコラムがここで読めます☆
http://www.birthday-energy.co.jp/ido_syukusaijitu.htm
行ってみて参考にしてくださいね♪

投稿: cocodoco | 2010年6月 4日 (金) 23時23分

cocodoco さん こんにちは。
ドラマの情報、ありがとうございます。
金曜の夜9時からのドラマですね。ん~、視聴率には微妙な時間帯ですけど、いいドラマになるといいな、と思います。
コラムも面白かったです。ありがとうございました!

投稿: kurulimpa | 2010年6月 5日 (土) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/48525539

この記事へのトラックバック一覧です: 『パーマネント野ばら』:

» 映画「パーマネント野ばら」を観た感想 [映画初日鑑賞妻]
★★★女たちのスッタモンダが延々と描かれて、肝心の、なおこのストーリーが横に行っちゃった。だから、それで? 状態。ウルウルは来た。その気持ちもわかる。女の子だもん。でもだからって納得はしないよ。 ... [続きを読む]

受信: 2010年6月18日 (金) 01時37分

« 『パーマネント野ばら』 | トップページ | 早起きは三文の得? »