« やや減速 | トップページ | 変化 »

手袋

清掃の仕事の時、

ビニールの手袋を使う。

使った後は、表も裏も

軽く洗剤で洗って、

タオルで水気をとり、

休憩室の洗濯物干しに

吊るして帰る。

次に仕事に来た時は、

その手袋を表に返す。

手を入れて指を引き出すけれど、

当然きっちり指の部分が出てくるわけではないから、

空気を吹き込んで

指を押し出す。

そんな簡単なことなのに、

私は自分が

ものすごく効率の悪いことをしていたことに、

ある日ふと気がついた。

私は、空気を入れて、

手袋をパンパンにしようとしていたのである。

しかし、別に、手袋を風船にしているわけではないのだから、

パンパンになるほど

空気を入れる必要はないのだ。

指先が、返る分だけの空気を入れれば

充分なのだった。

しかし、私は、

「空気を入れる」=「手袋・パンパン」と思いこんでいて、

せっせと空気を入れていたのだった。

なんて無駄な努力。

何たる思い込みによる

ちょっとしたエネルギーや時間の消耗。

自分では気づかずにいるけれど、

他にも何か、

必要以上にエネルギーを注いでいること、

まだあるのかもしれない。

|

« やや減速 | トップページ | 変化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/48559464

この記事へのトラックバック一覧です: 手袋:

« やや減速 | トップページ | 変化 »