« 男おひとり様との会話 | トップページ | ハガキ »

バケネコ

我が家のネコは

腎臓を患ってはいるものの、

状態は安定している。

15年前の今頃、

娘が拾ってきた。

拾ってきた、と言うべき、

親猫がいないときに

通りかかって、

目やにがついていない方の仔猫を

略奪してきた、と言うべきか。

来た当時は、250g、

私の掌に乗るサイズ。

黒っぽいものの上で寝ていると

どこにいるかわからなくて、

足元注意!の日が続いた。

この前の体重測定では、

若干前回より体重が減って、4㎏。

15年前の16倍だ。

獣医さんに娘が拾ってきた話をすると、

「野良にならなくてよかった。

野良だったら、15年も生きられませんよ。」

と言われた。

あぁ、そうか。

私は、いつも、

ネコやその母猫に申し訳なかったなぁ、

という気持ちがしていたのだけれど、

そういう考え方もあるのか。

少なくとも、

ネコは我が家にいてよかったのか、

と思うと、うれしい。

猫が苦手な酔っ払いに

八つ当たりされるのは、

この上ない迷惑だろうけれど。

でも、ときどき、

微妙にネコの方が

酔っ払いをからかっているように見える時もある。

どうやら、12、3年飼われたネコは

「化け猫」の称号が得られるらしいから、

我が家のネコは

りっぱな化けネコさんである cat

ひょっとすると、

人の言葉も話せるのかもしれない。

|

« 男おひとり様との会話 | トップページ | ハガキ »

ペット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/48286614

この記事へのトラックバック一覧です: バケネコ:

« 男おひとり様との会話 | トップページ | ハガキ »