« 『激流』 | トップページ | ニーバー »

のれん

私の部屋のドアは開けっぱなし。

洗濯機回しながらとか、

煮物しながら

ちょっと自分の部屋で用事できるようにしてある、

と言うと聞こえはいいが、

それもあるけど、モノがありすぎて

ドアの前を占拠していて

ドアを閉められないというのも事実。

パソコンは入口のわきにあり、

パソコンの前に座っていると、

ちょうど夫の部屋の入口が見える。

だから、夫が半日出勤になり、

家にいる時間が長くなってみると、

いやでも、その動向をいちいち見てしまう。

別に特に気にしていなかったのだけれど、

この前、生協のチラシですてきなのれんの写真を見て

はたと気がついた。

私からすると、

見たくもないのに

いちいち夫の行動を見てしまっている、

というところだけど、

夫からすると、

私がいつも目を光らせている

という気がしているかもしれない。

というわけで、

注文したのれんが昨日届いた。

ちょうどいい、突っ張り棒はなかったのだけれど、

昨日は、画鋲で仮設置。

今日は、ホームセンターで

突っ張り棒を購入して

ちゃんと設置。

部屋の中は変わらないのに、

なんだか、落ち着いた気分。

こころなし、夫も喜んでいる印象。

やっぱり、監視されている気がしていたのかな。

のれん、一枚、微妙な仕切り、

きっちり隔てているわけではないけれど、

でも、心理的な境目ができる。

これって、いわゆる「日本文化」かしら?

|

« 『激流』 | トップページ | ニーバー »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/48016974

この記事へのトラックバック一覧です: のれん:

« 『激流』 | トップページ | ニーバー »