« 拘る人 | トップページ | それでも春 »

余命

ご近所の30代の人が

余命5年もないと

昨日の仲よしの集まりで

夫が打ち明けられてきた。

なんということだろう。

まだ小学校にも行っていない子どもたちが

3人いるお母さんだ。

夫のことなので、

病名をきちんと聞いてきていなかったが、

とにかく、治療できない病気なのだそうだ。

なんてことだろう。

まだ、これからの若い家族や、

それを見守る両親に

そんな事実が突き付けられるなんて。

小康状態にいるせいだろうか、

夫のアルコール依存症の問題は、

その家族の問題に比べると

ずっと小さいことのように思えた。

もちろん、飲まないでいるよりは加速されつつも、

しかし、今のところ、ゆるゆると

夫が死に向かっているのは確かだ。

でも、夫がそれでも構わないと

思い続けられるのなら、

ある意味、それは仕方がないのかもしれない。

別に、見捨てるわけではないけれど、

そして、父のように自殺をされても嫌だけれど。

生きよう、という強い意欲がもてないのが、

病気の症状、ということかも。

何にせよ、人の余命は、

私たちのコントロールの範疇を越えているんだろう。

|

« 拘る人 | トップページ | それでも春 »

ご近所」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/48182975

この記事へのトラックバック一覧です: 余命:

« 拘る人 | トップページ | それでも春 »