« 清掃 | トップページ | 同情 »

帳尻合わせ

以前はよく、仕事がない時は、

夕方になると、

何か大事なことをしていないのに

一日が終わっていくような気持ちになって、

何だかせかされるような気持ちになった。

そして、夜、夫が先に床につくと、

「さぁ、これからが私の時間だ!」

という気持ちになって、

でも、客観的にはだらだらと起きていた。

夫が、半日出勤になってからは、

夕方は夫がいるので、

ちょっとキュークツな気持ちにもなっていたが、

夜の「私の時間」感覚は

相変わらずだった。

何がどうしてどうなったからなのか、

自分にはよくわからない。

それが、最近、特に夕方に気落ちすることが

少なくなった。

夜も早く寝なくてはいけないので、

だらだらしないで

寝るようになった。

気がついたら、

「自分はまだ今日、大事なことをしていない」

と自分をせかす感覚が

薄らいできたように思う。

今までは、

毎日、何だか自分の時間を生来ていない気がしていた。

それで、一日の終わりに帳尻合わせで

自分の時間を持ちたくて、

だらだら起きていたのかもしれない。

別に、いつも、家族のことを最優先してきたわけではないのに、

確かに私は、自分の時間を過ごしている、

という感覚を持てずにいた。

本意ではないけれど、頑張ってるんだ、

だけど、自分のための時間はいつ?

という気分だった。

それが、何をしても、

いつでも、これは私の時間、

という気持ちになって来た。

なんだか、少し、心が軽くなったようだ。

|

« 清掃 | トップページ | 同情 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/48204584

この記事へのトラックバック一覧です: 帳尻合わせ:

« 清掃 | トップページ | 同情 »