« 違い | トップページ | 新たな課題? »

盲導犬

夜のニュース番組で、盲導犬のことを取り上げていた。

犬とのコミュニケーションを重視した訓練、

さらにその盲導犬と

視覚障害者の人が行動を共にできるようになる訓練

などの様子が伝えられた。

その中で、俳優の平岳大がアイマスクをして

盲導犬と歩く体験をレポートしていた。

最初のうちは、恐ろしくて、

一歩も足を踏み出せなかったそうだ。

けれども、ある時点から、

盲導犬に自分を委ねるしかない、

と思って、

ハーネスを持っている左手に全神経を

集中するようになった、

と言う。

なるほど。

委ねるって、そういうことか。

なんとなく、ハイヤーパワーと私たちの関係に

似ているのかもしれない、

という気がした。

アルコール依存症の家族は、

アル症を抱え込んでいる手を離せ、と

言われるけれど、

そうだ、

その手を離さなきゃ、

ハイヤーパワーが差し伸べてくれているだろう手を

掴めないんじゃないだろうか。

私が夫の手をがっしり握っていたら、

二人ともチャンスを逃している、

ということになるのかも。

|

« 違い | トップページ | 新たな課題? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/47820959

この記事へのトラックバック一覧です: 盲導犬:

« 違い | トップページ | 新たな課題? »