« フキノトウ | トップページ | 盲導犬 »

違い

完全無欠の人間なんて、たぶんいない。

誰も傷つけていない人なんて、たぶんいない。

どんな形であれ、我を通したことがない人もいないだろう。

それでも、どうやら人間は、

人生の棚卸が必要な人と

必要でない人に分かれるらしい。

昨夜、アラノンの「12のステップ」を読んでいて、

ほんとうに、自分がステップが踏めるかどうか、

怪しく思えてきてしまった。

「こんなに頑張らなきゃいけないのか。」

「まだ、頑張らなきゃいけないのか。」

ふと、口をついて出てきた言葉。

意識の表面では、

そんなにものすごく頑張っている、

とは思っていなかったんだけど、

ついたため息の大きさを考えると、

どうやら、私、頑張っているらしい。

世の中には、

12のステップを踏まなくても、

心穏やかに暮らしている人たちがいくらでもいるし、

周りの人間に辟易されながら

我を通して生き延びている人もいるのに・・

なんで、私は、

ステップが踏めるかどうか、

顰め面しているんだろう。

なんだか理不尽。

でも、何をどう動かしてみても、

今の自分は、ステップの前にたたずむしかないわけだから、

この状態のことを

「生きていくことがどうにもならなくなった」

と解釈すればいいんだろうか。

それにしても、

ステップなしの人生の人と

私と

いったい、何が違うんだろう。

いったい、いつから違うんだろう。

なんてぐちゃぐちゃ思っているのが、

「自己憐憫」というのだろう、とは思う。

う~む、これが私の人生か。

|

« フキノトウ | トップページ | 盲導犬 »

アル中」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/47807966

この記事へのトラックバック一覧です: 違い:

« フキノトウ | トップページ | 盲導犬 »