« 『ゆれる』 | トップページ | 娘と焼き肉デート »

ビョーキ

アルコール依存症は病気である、

つまり、

アルコール依存症者は

自分の病気に苦しんでいるのだ、

と、いくら言われても、

まだ、ちょっと、素直に受け入れられない私。

糖尿病や癌で苦しんでいる人と、

アルコール依存症者が

どうしても並列で考えられない。

アルコール依存症者は

勝手によろしくない病気にかかったのだから、

どうして苦しんでいると

同情しなければいけないのだろう?

という気持ちを

つい抱いてしまう。

ところが、先日、アラノンの本を読んでいたら、

次のような文があり、

はっとした。

  アルコール依存症は病気である。

  妻は夫が糖尿病や結核にかかった場合と同様に、

  アルコール依存症に対して責任はない。

おや?

私は、夫が糖尿病や結核になったら、

自分に責任の一端がある、

と思うような気がする。

夫の食事や健康の管理は

私の管轄だから、

夫が大きな病気になったら、

自分の管理が行きとどいていない、

と思うに違いない。

おぉ、これは、

私こそがビョーキであることの証なのか?

そういえば、

近頃、夫は私の準備した食事を

ちゃんと食べないことがある。

飲酒の影響で内臓の調子が悪くて

食欲がないのだろう、

と解釈していたし、

本音を言うと、

それなりにバランスとか考えて準備しているのに、

食べないなんて、ケシカラン

という気持ちがなかった、とは言えない。

忍たま乱太郎の

忍術学園の食堂のおばちゃんじゃないけれど、

「おのこしはゆるしまへんで」

である。

うわぁ、私って、

自分で思っている以上に

高圧的?

もしかして夫は、

この私のビミョーな管理に

秘かな抵抗をして

おのこしをしているのか?

でも、変だなぁ。

結婚当初、

ご飯を私に準備させて喜んでいたのは夫の方で、

夫の全食事を準備することになり

彼の生殺与奪の権を握ってしまう感じになることに

抵抗感を抱いていたのは

私の方だったのに。

そうか、夫が病気になっても、

妻に責任はないんだな。

なんか、ちょっと、ほっとした。 

|

« 『ゆれる』 | トップページ | 娘と焼き肉デート »

Al-Anon」カテゴリの記事

アル中」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/47909902

この記事へのトラックバック一覧です: ビョーキ:

« 『ゆれる』 | トップページ | 娘と焼き肉デート »