« 日和って、ヒッキー | トップページ | おでん »

同情

アラノンの本に、

「アルコール依存症者とその病気に対する同情」

という言葉が出てくる時、

私の頭はフリーズし、

心は閉じてしまう。

アルコールに対して無力なのは、

私も夫も同じなのだ、

とわかっていても、

そのことで、夫が苦しんでいる、

ということが

まだピンと来ない。

それに、見栄っ張りの夫に「同情」したら、

夫は不愉快にしか受け止めないのではないか?

とも思う。

まぁ、でも、私の頭は

この件について正しい判断ができなくなっているらしい、

ということはわかるので、

できることなら、

夫に同情できたら、とも思う。

とはいえ、上っ面の言葉だけの同情が

相手の心に伝わるとは思えない。

とどのつまり、

相手の苦しみがわからないことには、

心からの同情はできないらしい。

というわけで、

私の頭はフリーズして

心は閉じたままになる。

|

« 日和って、ヒッキー | トップページ | おでん »

アル中」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/47563512

この記事へのトラックバック一覧です: 同情:

« 日和って、ヒッキー | トップページ | おでん »