« 自分の写真 | トップページ | キャンペーン記事 »

足を抱っこ

メリル・ストリープのファンサイトなどで

『アダプテーション』からの映像として

よく扱われているのが、

メリルがベッドに寝転んで、

自分の足の指を見ながら電話している場面。

これは、蘭の花から抽出した麻薬を初めて使って

ハイになっているシーン。

映画の最初の方では、

どちらかというとバリバリの記者という雰囲気だった

メリル演じるスーザンが

だんだんそうでない面を見せ始め、

この場面でがらりと表情を変える。

薬を渡したジョンからの電話に出たときの

反応が、なんともやさしく、かわいらしい。

正直言うと、あんなに幸せそうになれるのなら、

私も、ちょっと、その薬試してみたいかも、

という気持ちにさせられるくらい。

それで、そのあと、電話で話している時に、

自分の足の指眺めたり、

足を抱え込んだり、といったシーンが続く。

ところで、この右足を抱え込む場面、

前にも観たことがある!、と思ったら、

YouTubeにアップされていた

ずっと昔のメリルの『不思議の国のアリス』。

その中で、アリスが自分の足と遊んでいて、

足を抱っこするシーンがあったのだ。

どうも、舞台でやったらしいのだけれど、

私が見たのは、

舞台中継、というより、舞台風のテレビ番組、

という感じのもので、

最初、メリルがらみで検索していた時に見たときは、

まさかアリスだとは思わなかったので、

気のふれた女の人の話かしら?

と思ってしまった。

スリムな女性が、

年不相応のピンクのつなぎなど着て、

子どもっぽい表情やしぐさで

動き回っていたからである。

しかし、アリスの話だとわかると、

だいぶやせ過ぎだけど、

アリスに見えてくるから不思議。

メリルは、おそらく、31歳くらいだったと思われ、

子どももいたわけで、

それで「アリス」というのもすごいキャスティングだけれど、

そういう舞台が企画されたことそのものが

なんだか不思議。

それはともかく、

足を抱っこするなんて、

確かに普通の感覚のおばさんはしないから、

ハイになっている感じを表すのには

もってこいの表現なのかも。

ちなみに、ちょっと試してみたのだけれど、

私の場合、膝が悪くて、

足を抱っこしようとすると、

痛いことがわかった。

|

« 自分の写真 | トップページ | キャンペーン記事 »

Meryl Streep」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/47484876

この記事へのトラックバック一覧です: 足を抱っこ:

« 自分の写真 | トップページ | キャンペーン記事 »