« 不遜 | トップページ | 疑い深い »

偶像崇拝?

一昨年、娘の留学先を訪ねた際、

娘おススメの植物園に出かけた。

その日の夕方に、

別の場所に移動することになっていたのだが、

昼の時間が空いていたし、

娘がとても心が癒された場所だと言うので、

私は一も二もなく行きたかった。

疲れがたまって、ホテルで休みたがる夫を

何とか連れだして、

植物園まで出かけた。

植物園に入ると、

すぐ右手に建物があり、

お土産を売っていた。

外からのぞくと、

かわいらしい飾り物が目に飛び込んできた。

私は、母のお土産にどうだろう?

と思って、夫にそう言ったのだが、

夫は、自分がつかれているのに、

私が浮かれている様子なのが

気に入らないのか、

同意するどころか、

なぜか悪態をつかれた。

結局、夫とは別行動をすることになったものの、

約束の場所に夫がいなかったりして、

やたら気をもんだ植物園見学となった。

それでも、母へのお土産を散々悩んで、

まだ、旅行は先もあることだから、

と、その飾り物は買わずにおいた。

それで、結局、買い物はしなかったのだが、

夫の目には、私が何やら買い込んで浮かれているように

映ったらしく、

ひどく悪態をつかれた。

今から思えば、

夫はそのときは、すでに離脱症状だったのだ。

そんなこと、思ってもみなかったから、

正直、私は悲しかった。

が、それは、今回の話とは関係ない。

娘が、帰国して、私にくれたお土産を見て、

私は、思わず「あ!」と声をあげた。

それは、まさに、私が母に買おうかどうか悩んだ物だったから。

娘に、植物園での話はしていないのに、

どうして彼女は私のお土産に

これをくれたんだろう?

結局、あなたは、私のところに来てくれたのね、

と、私はうれしくなった。

その大事なお土産は

読みかけの本が重ねてある

カウンターの隅に置いてあったのだが、

おととい、もっと見やすいところに飾りなおした。

ハイヤーパワーを偶像化するのは

いけないことかもしれないとも思うが、

これを見ていると、

なんとなく、落ち着いてきて、

平安の祈りが口をついてくる。

Photo

|

« 不遜 | トップページ | 疑い深い »

家族」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/47594246

この記事へのトラックバック一覧です: 偶像崇拝?:

« 不遜 | トップページ | 疑い深い »