« キャンペーン記事 | トップページ | スクリーンセーバー »

活字への信頼

昨日購入した『婦人公論』。

るんるんで読んだときには、

正直、質問に相当する部分なんかザックリ斜め読み、

メリルの発言の方にだけ注意が行っていた。

昨夜、もう一度記事を読みなおしていて

メリルの家族構成の説明で

「子どもは二男二女の4人」と書いてあるのに気がついた。

うっそー。

一男三女のはずでは?

続きを読むと、長男、長女、次女はよしとして、

最後に「ジェイコブソン」と、

明らかに男の名前が書いてある。

いつ末っ子は性転換したんだろう?

まぁ、そんなはずはないから、

書いた側の間違いだろう。

実際に記事を書いた人が間違えたのか、

資料を準備した人が間違えたのか、

それは知らないけれど、

一流出版社の雑誌に太字で印刷してあると

それは正しいものに思えてしまう。

アナログ世代の私は、

いざとなったら「手書き」も辛いとは思わないけれど、

同時に活字に対しては信頼感がある。

でも、テレビやインターネットの情報同様、

活字の情報も、

鵜呑みにせずに処理することが必要なのかもしれない。

|

« キャンペーン記事 | トップページ | スクリーンセーバー »

Meryl Streep」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。メリルの記事時々読んでいます。
4女はLouisa Jacobson Gummerとミドルネームが男性のようなので、筆者が男性と間違えてしまったんですかね。正真正銘女性です。

投稿: pat | 2010年3月 4日 (木) 16時45分

patさん、こんにちは。
そうですね。ミドルネームで間違えたんでしょうね。ちょっと、ライターの人の仕事が甘かったってことですね。去年のアカデミー賞の授賞式の時、同伴していたのが、3女のLouisaのようです。上の二人の娘さんも女優になったから、この人もいずれ演技の道を目指すのでしょうか。今年の授賞式にも連れてくるかも。

投稿: kurulimpa | 2010年3月 5日 (金) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/47499527

この記事へのトラックバック一覧です: 活字への信頼:

« キャンペーン記事 | トップページ | スクリーンセーバー »