« とどのつまり? | トップページ | 「うれしくはないけれど、幸せ」 »

関係の再構築

自殺願望にとりつかれた人間が

自殺願望から解き放たれないように、

アルコールにとりつかれた人間は

アルコールから解き放たれないんだろうか。

父は自殺願望に目をつけられ、

夫はアルコールに目をつけられてるのか。

父のことは、ことが過ぎてから

ようやくそういうことだったのか、

と少しわかってきた。

で、夫のことは?

アルコール依存症との対し方について

「手を離せ」と言われる。

「手を離して神に預ける」

確かに、ハイヤーパワーは

夫のことを預かってくれたのかもしれない。

先日、些細なことで、

夫も私も自分の方が正しいと

自己主張のしあいになりかけた時、

不意に夫が

「やめよう。こんなこと、言い争ったって仕方がない」

と言った。

その瞬間、

なんだか、ハイヤーパワーが

夫に手を差し伸べているように感じた。

そういう時間を重ねていくことで、

ゆるゆると

夫は回復へ向かえるのだろうか。

そして、夫と私は、

関係を、絆をきちんと作りなおしていけるんだろうか。

関係の再構築に、

何か明確なゴールがあって

そこにいつたどりつけるのか、

それが気になる。

そこにたどり着くのと、

夫の脳や体が、

アルコールによるダメージで

タイムアウトになるのと

どっちが早いのだろう。

それが気になる一方、

タイムアウトになる前に

ゴールに着けることが大切なのか、

という気もしてくる。

とりあえず、

関係の再構築と向かい合うことが大切なのか、

とも思う。

というか、そう思う方が

私としては、気が楽である。

|

« とどのつまり? | トップページ | 「うれしくはないけれど、幸せ」 »

アル中」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

去年からずっと同じところをぐるぐるしてました。
私は結婚してませんが、この先一緒にやっていこうと思った人だから、相手の身体や脳が蝕まれていくのを見ているのは、やはり辛いものです。

今はできるだけ、酒に介入されない時間に、関係の地固めをする。あなたのお酒と共存はできないけれど、私はお酒からすこし離れたところでちゃんとあなたを見ているよというメッセージは伝えています。彼がいつかこちらの方に来てくれるのか、そのままお酒にのまれて死んでいくのかは、神様に預けます。

投稿: | 2010年1月23日 (土) 01時37分

>彼がいつかこちらの方に来てくれるのか、そのままお酒にのまれて死んでいくのかは、神様に預けます。

「自分には変えられないものを受け入れる落ち着き」を身につける、ということですね。
「神に預ける」というのは、神様におまかせしてこちらは無責任になる、ということではなく、腹をくくるってことになるんですね。

投稿: kurullimpa | 2010年1月23日 (土) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/47356292

この記事へのトラックバック一覧です: 関係の再構築:

« とどのつまり? | トップページ | 「うれしくはないけれど、幸せ」 »