« 『オーシャンズ』 | トップページ | 欲張り »

なぁんだ

実家の玄関の謎の隙間、

テープを張る前に

よぉく見てみる。

扉の建付けや

サイズに問題があるわけではない。

しかし、蝶番がずれているわけでもないのに、

扉の上部ではズレがないのに、

下部ではズレがある。

どうしてだろう、

と扉の下の隙間を見ていて

気がついた。

扉のストッパーが

入口のレンガに接していて

その分だけ扉の下が浮いている。

つまり、無理やりストッパーがついていた、

というわけ。

母にも見てもらい、

とりあえず、ストッパーをはずすことに。

ストッパーをつけたのは、

ずっとずっと前のことだから、

ストッパーをはずしてみても、

長い時間をかけて変形した扉は

すぐには元に戻らない。

私が、外から扉を押してみても、

まだ隙間は残っている。

というわけで、

とりあえず、隙間テープを貼る。

時間がたてば、

少しは扉も元の形に戻るかも、

という淡い期待をして、

作業終了。

ストッパーをつけたのは父である。

想像するに、

父は、扉を開けた状態で、

一生懸命ストッパーをつけたのだろう。

ちゃんと粘着テープとネジで止めてあった。

扉を止めるのにちょうどいい高さの調整をして、

仕事が終わって

扉を閉めた時、

父は自分の失敗に気がついたに違いない。

なぜなら、実家の玄関は

外とたたきで高さが違うから、

ストッパーの高さを調整するだけでなく、

高さ調整の部分の位置にも注意が必要なのだ。

金具が一重の部分が

玄関の入口に接していなければならないのに、

厚みがある部分が入口に接してしまった。

しかし、父はそれを直さず、

強引に閉めてしまった。

それとも、

ちょっと変だと思ったものの、

強引に閉めてしまったのか。

とにかく、わかってみれば、

なんてことないミスである。

ストッパーをつけなおすか、

別のストッパーを使えばよかったのだ。

ちょっとした強引さが、

扉に変形を強いた。

歪んだ私たちにぴったりのエピソード。

|

« 『オーシャンズ』 | トップページ | 欲張り »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/47432067

この記事へのトラックバック一覧です: なぁんだ:

« 『オーシャンズ』 | トップページ | 欲張り »