« キャパ超え | トップページ | 早起き »

Bravo !

月曜日に鑑賞したバレエ、

子どもたちもたくさん観に来ていた。

お母さんと一緒の

小学校中学年以上の女の子たちが多いようだったが、

私の斜め前に陣取ったのは、

お父さんと小学校低学年の子どもたち。

男の子二人と女子一人。

男の子の一人は

ひょっとしたら幼稚園児かも、

というくらいの感じ。

未就学児の入場はお断り、とあったけれど、

微妙な気がする。

女の子は小学二年生くらい、

その上の男の子は三年生くらいだから、

もし、一番下の子が小学一年生なら、

年子の連続で

小さいころの子育てはたいへんだったに違いない。

さて、この子どもたち、

とてもおしゃれして来ていた。

女の子は着物で髪も結っているし、

男の子たちもブレザー着ていて、

お正月の晴れ姿、というより、

時期をずらして七五三したのかしら、

といった趣。

お父さんの髪型も

脇を剃り上げてあって

後ろで髪をしばっている、

という、いわゆる勤め人にはなかなかいない髪型。

ひょっとすると、踊りが仕事の人なのかもしれない。

S席に子ども3人を連れて行こう、

というのは、

娘とバレエ鑑賞したことのない私には、

ちょっとした決断に思える。

子どもたちも、

何度かバレエの鑑賞をしているらしく、

拍手のポイントを心得ているだけでなく、

「ブラボー!」と声をかけていた。

この子たちは、こうやって

バレエを見る目を育てていくのだなぁ、

と、思うと同時に、

でも、学校でいじめられたりしてないだろうか、

と、気にもなった。

表向き、

人は違いがあって当然、

と言っているくせに、

こういう場面で、

他の人との違いが生む軋轢を心配をしてしまう自分は

けっこう人の目を気にする奴なのかも、

と改めて自分のモノの感じ方に

驚いた。

|

« キャパ超え | トップページ | 早起き »

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/47281008

この記事へのトラックバック一覧です: Bravo !:

« キャパ超え | トップページ | 早起き »