« 贈り物 | トップページ | 『カールじいさんの空飛ぶ家』 »

『現代東京奇譚』

『ひとり紅白歌合戦』をぶつ切りで楽しんでいる。

実は、ささやかな信条として、

一人で家にいる時、なるべくテレビをつけないようにしている。

これ以上、バカになっても困るから。

昔、「一億総白痴化」という言葉があったけれど、

一人でいる時間に

テレビを見ないまでも、

音楽を聞いたりラジオを聞いたりしている自分たちは

少なくとも、昔の人より孤独に弱いのかもしれない。

だから、やっぱりテレビをつけてしまう。

とはいえ、テレビはつまらない番組ばかり、

かといって、映画のDVDはじっくり観たい。

ラジオやCDは車の中で聞いているから

家の中でスイッチを入れるのがめんどくさい。

土曜の夜に、晩ご飯の後片付けをしながら、

ふと、『ひとり紅白歌合戦』DVDが

ビデオデッキに入れっぱなしになっているのを思い出した。

それで、続きを見ながら/聞きながら後片付けをしたら

非常に心地よい。

桑田佳祐の『ロビンソン』は

スピッツのとは違う趣だけど、

これはこれでいいなぁ、

など楽しみながら仕事ができる。

昨日の晩も、DVDの続きを流しながら片づけをしていて、

ふと画面を見たら、

舞台の奥のスクリーンに見たことがある月の映像が出た。

映画『闇の子どもたち』

あ、と思ったら、

映画の主題曲だった『現代東京奇譚』の演奏が始まった。

『ひとり紅白歌合戦』で

唯一、桑田佳祐本人の歌。

う~~ん。

桑田さんの歌う、昭和の曲もすごくいい。

しかし、本人の楽曲は、やはり全然違う。

手を止めて、聞き入ってしまった。

あげく、今日も一日、

頭の中で桑田さんの歌声が回っていた。

毎日、ちょっとずつのDVDというお楽しみは、

ささやかな幸せの発見。

|

« 贈り物 | トップページ | 『カールじいさんの空飛ぶ家』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/47089373

この記事へのトラックバック一覧です: 『現代東京奇譚』:

« 贈り物 | トップページ | 『カールじいさんの空飛ぶ家』 »