« 12月! | トップページ | 悪意 »

リウマチと痛風

関節などの痛みを、リウマチとして治療を受けてきた家人、

改めて検査してみたら、

痛風と判明したとのこと。

「リウマチなら治らないけれど、

 痛風なら治る。」

と、微妙な喜び方をしている。

自分の母親が、

自分を産んだのを機にリウマチを発症し、

以後ずっとリウマチで辛い思いをしていたから、

体が痛み出した時、

リウマチに違いない、と思いこみ、

医者もその申告に沿って

違う可能性も大きい、と思いつつも、治療をしていたらしい。

そういえば、何カ月か前に、

「リウマチじゃないかもしれない。」と

ぼそっと言っていたけど、

なぜ、そのとき、結論が出ず、

今になって再検査?

先日、精神科で突き放されて、

本人が再検査を希望したのだろうか?

何にせよ、

家人への、天からの声はひとつ、

体をいたわる気持ちがあるのなら、

酒はもうやめなさいってことだろう。

話は飛ぶが、

『天空の城 ラピュタ』で、

飛行石から発する光が、

ラピュタのある方向を指し示し、

その光の方向に、ムスカ大佐も主人公たちも向かう、

という場面がある。

それと同じように、

私たちの人生においても、

はっきり目に見えていなくても、

ある事柄が、

自分の行くべき道を指示していることが

あるのではないか、

とも思う。

なんて、これは、

私の勝手な思い込みなのではあるが。

天の声が、ご本人の耳に届いているか、

あるいは、飛行石の光が見えているかどうかは、

私の預かり知らないところではある。

|

« 12月! | トップページ | 悪意 »

アル中」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/46921069

この記事へのトラックバック一覧です: リウマチと痛風:

« 12月! | トップページ | 悪意 »