« まだ水曜日 | トップページ | ながら鑑賞~『ぐるりのこと』 »

新・三銃士

夕方の人形劇が帰ってきた。

NHKの『新・三銃士』。

『チロリン村』は、テーマ曲は知らないけれど記憶あり。

『ひょっこりひょうたん島』の原作が

井上ひさしと山元護久というのは、

映像で記憶している。

その後、しばらく見なかったけれど、

受験生時代に『新・八犬伝』にはまり、

受験勉強差し置いて

『南総里見八犬伝』を読んだっけ。

『三国志』は結婚して

家人と2人で毎週楽しみにしていた。

そういえば、あのころは、

土曜日の夕方、

家人は酒を飲んでいなかったような気がする。

それで、『新・三銃士』、

三谷幸喜はそんなに好きではないけれど、

やはり、人形劇というのはわくわくする。

夕方は忙しいから、

録画しておいて、夜に見る。

まだ、始まったばかりだが、

それなりに楽しみである。

今日は、

オープニングで聞こえる外国語のような言葉が、

実は

「がんばってるよね、がんばってるよね」

と言っている、

というのに気がついた。

ただ、昨日の放送では、

三銃士の一人、アトスが

「要するにアル症じゃないか」

という設定だったので

ちょっと唖然。

人は、子どものころから

酒飲んで暴れる人間が肯定されるのを

こうやって刷り込まれていくんだな、

と思った。

|

« まだ水曜日 | トップページ | ながら鑑賞~『ぐるりのこと』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/46495872

この記事へのトラックバック一覧です: 新・三銃士:

« まだ水曜日 | トップページ | ながら鑑賞~『ぐるりのこと』 »