« 『Out of Africa』 | トップページ | 重陽の集い »

自分が楽なように

アルコール依存症の家族の勉強会であった人や

アラノンの人たちは

「自分が楽なようにすればいい」と言う。

怠け者の私は、

これまでのやり方を続けるのが一番楽なのでは?

と思ってしまうのだけれど・・・

これまでのやり方がほんとは歪だったから、

アルコール依存症の問題が

今、ここにある、

ということなんだとは思う。

でも、自分が楽、というのがまだわからない。

不信感をなくすには、

病気と闘っている人という点に注目して

アルコール依存者と肩を並べて

回復の道を歩くことが大切です。」

(森岡洋 『アルコール依存症

  家族に贈る「回復の法則」』)

他人の話だったら、

そうだろうな、という気がする。

でも、どうしても私は意固地になってしまう。

 だって、悪いのはあっちだもん。

 私は少しも悪くないもん。

アルコール依存症だって判明しているのに、

酒をやめようとも思わないなんて、

いくら月に一度、精神科に通っていても、

治療のスタートにも立っていないことになるのでは?

どうして、肩を並べることなんかできるっていうの?

と書いていて、

おやおやおやおや?・・・・・・

これって、つまり、

家人の病気との闘いのスタートを認めていないのは、

他でもない、

私ってことになるのかな?

そうかもしれない。

自分の中に、「許せない」という気持ちが

固まっている。

同時に、「許す」ことをしたら、

アルコール依存症者が

ますます、今の状態でかまわない、

と思うんじゃないか、と疑っている。

他人の話なら、

「アルコール依存症者を許すことで

 きっとあなたも楽になるのよ」

と思うかもしれない。

でも、自分のことだと、

頭と心の意見が一致しない。

|

« 『Out of Africa』 | トップページ | 重陽の集い »

アル中」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/46159560

この記事へのトラックバック一覧です: 自分が楽なように:

» アルコール依存症 病院 [35秒で読む!今日のニュース速報!]
アルコール依存症、ある医師の歩いた道商品価格:1,785円レビュー平均:0.0 助けてください アルコール依存症 助けてください アルコール依存症先ほど知人の母親から電話があり、知人がアルコール依存症で酒を飲み続けているから助けてくださいといわれました。知人は家族を巻き込み、家族までうつ病にしてしまいました。本人は依存症とは認めようとしませんが、普段からゆっくりとしか話ができない、酒を飲み始めたらとまらない、飲酒運転で免停、会社にいけなくなり辞職などはたから見たらまったくの依存症なのです。本人は... [続きを読む]

受信: 2009年9月11日 (金) 03時01分

« 『Out of Africa』 | トップページ | 重陽の集い »