« 電光石火の帰省 | トップページ | お試しひかりTV »

損保ジャパン東郷青児美術館

母は、角膜が弱いので

白内障の手術なのに5日も入院している。

6人部屋の入り口そばのベッドなのだが、

窓際のおばあさんがしばしば痛みを訴え、

そのおばあさんに問いかける看護婦さんの声が

ものすごく大きくて、

先日見舞いに行ったとき、

娘は「おばあちゃん、かわいそう。」と

同情していた。

明日になれば退院なのだが、

元気づけに顔を見に行った。

でも、わざわざ上京するのだから、

と、ちょっと寄り道。

新宿の損保ジャパン東郷青児美術館で、

ちひろ美術館所蔵の絵本の原画展をやっているのを

観てきた。

きゃあ、

センダックの『かいじゅうたちのいるところ』だわ、

ウクライナ民話の『てぶくろ』だわ、

るるるん、ろろろんの『わたしのワンピース』だわ、

エリック・カールの『はらぺこあおむし』・・・

どれも、みんな、すばらしいこと!

最後に、ゴッホの『ひまわり』と

セザンヌの『りんごとナプキン』、

モネ『税管理の小屋・荒れた海』も観て、

これはまた味わいがまったく違ったけれど、

楽しい寄り道はおしまい。

あれ?

でも、このビル、損保ジャパンビルって名前だったっけ?

ああ、そうだ、昔は安田火災海上ビルって言ったんだ。

銀行も保険会社もいろいろ変わるけど、

田舎に暮らしていると、

どこが何に変わったか、

さっぱりわからない。

|

« 電光石火の帰省 | トップページ | お試しひかりTV »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/46054198

この記事へのトラックバック一覧です: 損保ジャパン東郷青児美術館:

» 医療保険の価格や制度の紹介 [医療保険の価格や制度の紹介]
現在、医療保険にもいろいろな会社が出現し、情報の選りすぐりが難しくなってきています。会社や制度を勉強しておけば、いざという時に情報に惑わされることなく、自分に合った医療保険を選ぶことができるようになります。 [続きを読む]

受信: 2009年8月30日 (日) 19時17分

« 電光石火の帰省 | トップページ | お試しひかりTV »