« 断酒会 | トップページ | heartburn »

『心みだれて』

本日/昨日、家人は、いとこの49日法要にお出かけ。

いとこは、クモ膜下出血で急逝、

ご葬儀は、家族葬ですまされたらしい。

会場は東京なので、

途中で弟(家人の)と待ち合わせる、

ということで出かけた。

法要なんだから、やっぱり酒飲むんだろうな、

とも思ったが、

弟は事情を知っているし、

止まらない程は飲まないだろうな、

と、駅まで送り。

これって、イネーブラーかな。

まぁ、こちらも、

日曜日に診察する駅前の病院に

胃の検査結果を聞きに行くから、

いいじゃん。

自分の行動が

共依存者かどうか

ひとつひとつ確認していったら、

正直、くじけちゃう。

というわけで、

家人は出かけ、

私は病院で「慢性胃炎です。ピロリ菌がいました。」

と言われて、薬をもらう。

(除去するのはピロリ菌だけか?

大事なものも除去したりしないか、

確認するの、わすれてしまった・・)

ん~、それにしても、

家人がいない休みの日って

どうして、こうも気分がのびのびなのだろう。

久しぶりに、メリルストリープのDVDも観る。

1986HeartBurn『心みだれて』

アメリカでは、公開したとき、

『エイリアン』についで2位の興行成績だったらしい。

う~ん、バツいちで再婚して、

子どももできて、自分は幸せ、

と思っていたレイチェルが

第2子の妊娠中に夫マイケルの浮気を知って、

里帰り、夫が迎えに来て

一度は戻るけれど、

夫の裏切りは続いていた確証を得て

夫の顔にパイ投げつけて

さよならしちゃう、

という話。

映画として、盛り上がりに欠ける展開ではあるけれど、

レイチェルの感じる、不安とか不満とかは

妙に説得力があった。

不安にさいなまされているときと

別れを決意していたときの

レイチェルの表情が対照的なのが

さすが。

このときの娘たちは、

本当にメリル・ストリープの娘たちだ、

と何かで読んでいたけど、

確かに最後のところに

二人の名前が出ていた。

ん~、日本の女優さんは、しないだろうな。

|

« 断酒会 | トップページ | heartburn »

Meryl Streep」カテゴリの記事

アル中」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/45883119

この記事へのトラックバック一覧です: 『心みだれて』:

« 断酒会 | トップページ | heartburn »