« 精神科 | トップページ | ネガティブなイメージ »

精神科と循環器科

家人の精神科の翌日は、

私の精神科受診日。

アラノンにも行ってみたこと、

指摘された「すぐ蓋をしてしまう」反応は、

家人のことに限らないこと、

アル症妻に共通点について書かれた本を読んで

痛いと思う点があったこと、

でも、今の時期はなんだか忙しいので、

自分の変化を受け入れられる余裕があるか不安でもある、

と話したら、

「時間はかかるかもしれないけれど、

 忙しくても何でも、

 変わる時には変わっていきます。」

と言われた。

ふ~ん、そうか。

じゃ、そこは時の流れに身をまかせちゃおう。

単純な私。

そして、今日は、循環器科。

先日の24時間心電図記録の結果を聞いた。

結論からいえば、問題なし heart02

データによれば、

私は、他の人より、心拍数が少ないのだそうだ。

8割程度。

で、不整脈も、普通の人の1/3くらい。

健診の心電図で見られたQT延長と関係して

問題がある不整脈も見られなかったそうで、

今後も心電図をとれば、「異常」と言われるかもしれないが、

症状がなければ気にしなくていいのだそうだ。

やれやれ。

え?

それって、ひょっとして、

心臓からして「怠け者」ということ?

友人に報告したら、

「心臓が強力」と解釈すればいい、

と言われた。

え?

図太いってこと?

何にせよ、

体の心配がなくなり、

うれしく、ありがたく思う。

|

« 精神科 | トップページ | ネガティブなイメージ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私のブログに応援のコメントありがとうございました。
今はダンナがいないのでなんだかのびのびしてます。
ワンコのことだけが心配ですが、それほどダンナのことを心配しないでいる自分に驚いています。

先日、低糖質ダイエットなるものの参考の本「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」を教えてくださってありがとうございました。さっそく購入して厳密ではないものの気にしながらの食事を続けていましたら、おかげさまで8Kgの減量ができました。
それでもまだ重たいのでもうしばらくというか、このまま続けていこうと思っています。

投稿: 由美 | 2009年7月12日 (日) 00時24分

由美さん 
低糖質ダイエット、チャレンジされたのですね。
効果が出ているようで、よかったです。
低糖質ダイエットって、なんだか不思議ですよね。
ご飯とか食べずにいると、それほどほしくもなくなってきませんか?
アルコールもそうならいいのに、
と思わなくもないですが・・・

私の場合、体重が落ちてきたら
なんとなく、脂肪の鎧を着てなくても
何とかやれそう、
という気持ちが湧いてきました。

ところで、ダンナさんは、
由美さんの体重減少に気が付いていますか?

我が家の同居人は、
久しぶりに帰宅した娘がびっくりしても、
私の体型の変化が分かっていない様子です。

近くにいると、変化がわかりにくい、
ということはありますが、
それでも第三者の指摘があれば
気づくと思うのですが、
何も言いません。

変化を認めたくないのでしょうか?

別に認めてもらう必要もないのですが、
そんなに私に無関心なのは
どういうことだろう、
という気もします。

投稿: kurulimpa | 2009年7月12日 (日) 22時38分

いえいえ、ダンナは私が痩せたことに気がついていませんよ。
以前もダイエットしたことがあるのですが、ある日だいぶたったとくに「あれ?痩せた?」って言ったのです。
今頃気がついたのかと思ったですよ。

投稿: 由美 | 2009年7月12日 (日) 23時31分

由美さんのプログに、ダンナさんが
「由美のことをすごく愛しているんだ」
という発言があった、とありましたが、
愛している相手が8キロも痩せたのに
気がつかないなんて・・

ダンナさんが愛している「由美さん」て
誰なんでしょう?

ひょっとしたら、
ダンナさんは
由美さんの中に投影した自分を
愛しているのかもしれない、
と言ったら、
言いすぎでしょうか?

まぁ、これは、
私のほうにも言えることですけれどね。

投稿: kurulimpa | 2009年7月13日 (月) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/45603635

この記事へのトラックバック一覧です: 精神科と循環器科:

« 精神科 | トップページ | ネガティブなイメージ »