« AC | トップページ | 『マンマ・ミーア!』と『グラン・トリノ』 »

アナログな楽しみ

この前読んだ『多読術』に

読書する時には

辞書はもちろん歳時記や地図も

元に置くよう勧めてあった。

え~っ!とちょっと引いたが

歳時記ぐらい持っていてもいいかもと思い、

普通の辞書ぐらいの大きさの歳時記を買った。

ぱらぱらとめくって、

目に止まったものを読んでは

「ふ~ん」と遊んでいる。

今日、昼間、

がゴロゴロ鳴っている最中に、

久しぶりにある友人が電話をくれた。

友人と話をしながら、

歳時記をぱらぱらしていたところ、

ちょうど「稲妻」ということばが

目に入った。

なんと、秋の季語だった。

「雷」や「雷鳴」なら夏の季語。

降り出した大粒の雨は一瞬雹になったが、

「雹」も夏。

歳時記の中には

いろいろな情景が潜んでいる感じがして楽しい。

俳句は作りそうにないけれど。

|

« AC | トップページ | 『マンマ・ミーア!』と『グラン・トリノ』 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/45338669

この記事へのトラックバック一覧です: アナログな楽しみ:

« AC | トップページ | 『マンマ・ミーア!』と『グラン・トリノ』 »