« 母と娘の会話-1 | トップページ | 『スラムドッグ$ミリオネア』@シネコン »

母と娘の会話-2

一人暮らしをしている母に

毎晩、電話をしている。

今日の電話では

老人向けサービスの食事を試してみた話と

置時計が止まってしまった話をしていた。

「家の時計が全部止まっちゃったのよ。」

というものだから、

実家の時が止まってしまったような気がして

すごくいやな感じがした。

しかし、よくよく話を聞いてみると、

掛け時計など4個の時計は

ちゃんと動いているらしい。

止まってしまったのは、

置時計ふたつ。

電池を交換しても動かなかったらしい。

さらに、バッグに入れている腕時計が見つからなかったとか。

私が思うに、

時計が止まってしまってパニクッた母が

落ち着いて探し物をできなかったのだろう。

なにしろ、母のバッグの中は迷宮だから。

家の中で動いている時計のほうが多いのだから、

なにもそんなに狼狽しなくても、

とも思うのだが、

もともと柔軟性のない人が年を取ったのだから、

おおごとに考えても仕方ないのだろう。

母は、明日、病院に行くついでに

時計を買ってくればいいことに気がついて、

それをとても心待ちにしているとのこと。

新しい時計を買うのは、

新たな時間の始まりの到来と思えば、

それはそれでよしである。

ただ、

いらなくなった時計は物置に放り込まずに

ちゃんと処分していただきたい、

と、娘は密かに願うのであった。

|

« 母と娘の会話-1 | トップページ | 『スラムドッグ$ミリオネア』@シネコン »

家族」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

老い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/45216751

この記事へのトラックバック一覧です: 母と娘の会話-2:

« 母と娘の会話-1 | トップページ | 『スラムドッグ$ミリオネア』@シネコン »