« 往年(?)の「実力派」歌手 | トップページ | さくら? »

呆けてます

仕事もあるのだから、早く寝なくてはいけないのだが、

今日も、メリル・ストリープ

さすがに、落ち着いてDVDを観る時間が取れないので、

YouTubeでお茶を濁している。

それにしても、世の中に

なんとメリルのファンの多いことか。

YouTubeで見ていると、

Meryl Streepがらみの画像が次々出てくる。

写真のクリップだけで、すごく素敵なものもあるし、

ラブシーンばかり集めているものもある。

ラブシーン、激しいものもあるけれど、

日本で若手の女優があんな場面を撮ったら

「○○、体当たりの演技」とかいうことになるんだろうな。

でも、メリル・ストリープのすごいところは、

取り立てられるのが

ラブシーンだけではない、

というところなんだと思う。

ラブシーンも、映画の中の女性の人生の一部、

という感じ。

そして、アメリカなどのいろいろな番組での

メリル・ストリープの表情の柔らかさ。

幸せに育った才能恵まれる人が

努力を惜しまず、人生を重ねている、という印象。

同じ年齢の女優は

日本にもたくさんいる。

なにしろ、団塊の世代、1949年生まれだから。

いわゆる「アラ還」。

でも、さすがにいませんね、

あんな素敵な印象を与える人は。

『マンマ・ミーヤ!』の紹介で、

「59歳とは思えない」云々あるけれど、

あれは、ちょっと違うと思う。

映画が撮影されたのは、2007年のようだから、

正確にいえば、

スクリーンの中のメリルは58歳になるんだと思う。

もちろん、58歳にしても

ステキですけど。

『クレイマー・クレイマー』も見直さなくちゃ。

この人を、同時代の女優として

映画を楽しめることが

ものすごい幸せだと思う今日この頃。

完全に、メリルボケ heart

|

« 往年(?)の「実力派」歌手 | トップページ | さくら? »

Meryl Streep」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/44548405

この記事へのトラックバック一覧です: 呆けてます:

« 往年(?)の「実力派」歌手 | トップページ | さくら? »