« 鞄 | トップページ | The Deer Hunter »

『しゃべれども、しゃべれども』

ネットで借りるDVD、

『ディアハンター』と一緒に届いたのが、

国分くんの『しゃべれども、しゃべれども』

落語家の話。

落語家と言えば、

去年の今頃は、『ちりとてちん』が終わってしまって、

虚脱状態だった。

かなり、『ちりとてちん』に入れ込んで、

サウンドトラックを買い、DVDもネットで借りていたのに、

全部見ないうちに、去年の暮れぐらいに、

ふっと卒業してしまった。

『ちりとてちん』は上方落語、

『しゃべれども、しゃべれども』は江戸落語、

共通点は、松重豊が出演しているところ?

なかなか芽の出なかった国分くん演じる「今昔亭三つ葉」が、

一門会で『火焔太鼓』演ずるところが、やはり見せ場か。

でも、実のところ、国分くんの落語より、

国分くんが、香里奈演ずるトガワと

ほおずき市に行って、

お蕎麦食べる場面のほうが感心してしまった。

テレビ番組で、いつも国分くんのお箸の持ち方が気になっていたから、

いちおう、ちゃんとお箸が持てているのにびっくり。

重たくもなく、軽すぎもせず、

疲れた時に見るには悪くない映画でした。

上方落語として、

枝雀師匠の『饅頭怖い』のビデオが出た時は、

「ああ、この人、ウツ病で自殺しちゃったんだよなぁ。」と

ふと悲しくなったけど。

このビデオを見て、

上方版の『饅頭怖い』を覚えた、

という役どころの男の子も

頑張ったね、という感じでした。

|

« 鞄 | トップページ | The Deer Hunter »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/44588558

この記事へのトラックバック一覧です: 『しゃべれども、しゃべれども』:

» 映画『しゃべれども しゃべれども』(お薦め度★★★) [erabu]
監督、平山秀幸。脚本、奥寺佐渡子。原作、佐藤多佳子。2007年日本。青春映画。出 [続きを読む]

受信: 2009年4月 6日 (月) 23時01分

« 鞄 | トップページ | The Deer Hunter »