« 病院 | トップページ | 理解する »

One True Thing ~母の眠り

ネットのレンタルになくて、

家の近所のレンタルビデオ屋にあったので、

『レッドクリフ』と一緒に借りた。

『レッドクリフ』は新作なのですぐに返したが、

これは、やっと時間ができて見られた。

がん末期の母と

その母より父を尊敬する娘が

母の世話をするために仕事を犠牲にして

帰郷して・・

という様子が、

何かの取り調べの場面をはさみながら

描かれている。

母親の死因がモルヒネの大量摂取によるものだったから、

というのがあとのほうになってわかる。

誰かが、大量に投与したのか、それとも・・

その真相は、結局、映像としては描かれていない。

母の生き方に反発する娘、

偉大なる父、

息子の静かな反抗、

娘が抱いていた父の偶像の崩壊、

家庭を守ってきた母の女性としての強さ、

特に目新しい題材ではないけれど、

ドロドロでもメソメソでもなくて

やはり、メリル・ストリープは

一人の女性の人生をを映像の中に

描き出した、という感じ。

母が娘に

「なくしたものについて泣くより、

 今持っているものに喜びを感じなさい」

といった意味の言葉があり、

いい年をして、自分が言われたようで、

しみじみ、そうだなぁ、と思った。

天童荒太の『悼む人』の

酒築巡子をふと思い出した。

ケイトと巡子、

家族が抱えた問題も

人生の最後に選んだ選択肢も違うけれど、

末期がんの、気丈な母、

という点では共通している。

メリル・ストリープが

「本が好きだったから、

 映画化すると聞いて、

 すぐエージェントに問い合わせてもらった」

と言っている映像を見つけた。

そうか、原作があるのか、と

ネットで注文。

英語のお勉強、と自分に言い聞かせているけれど、

単に、メリル・ストリープが読んだものを

読みたいだけ。

我ながら、ばっかみたい。

尋常でない量の本が、

どんどん溜まってきているのに・・

|

« 病院 | トップページ | 理解する »

Meryl Streep」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/44691770

この記事へのトラックバック一覧です: One True Thing ~母の眠り:

« 病院 | トップページ | 理解する »