« 新聞広告 | トップページ | 顔 »

ミュージック・オブ・ハート

CLIFTON STRENGTHS FINDERによる

私の強みのひとつに

「収集心」がある。

今、メリル・ストリープにはまっているのも、

いわばこの「収集心」の表れかも。

メリル・ストリープがバイオリンを弾くとか、

高名なバイオリニストが出演しているとか、

子どもたちがいいとか、

いろいろな評判を読んでいたけれど、

やっぱり、

メリル・ストリープがひとりの女性を生き切っているところが

いいなぁ。

夫に捨てられて、

それでも、どこか、

まだ「男の庇護」を求めたいた主人公のロベルタは。

さしずめ、勝間和代さんのいう「ウェンディ」タイプ。

それが、子どもを守っていこうという気持ちに押され、

自立していく、という部分も

バイオリンの課外クラスのストーリーと合わせて

うれしくなってしまう。

影になって支えてきてくれたであろうロベルタの母親も素敵。

犬も可愛かった。

|

« 新聞広告 | トップページ | 顔 »

Meryl Streep」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533907/44381258

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージック・オブ・ハート:

« 新聞広告 | トップページ | 顔 »